縮毛矯正でツンツンぺったんこの前髪にならない

前髪カールストレートパーマ

ふんわり流れがつく自然な仕上がりの縮毛矯正

カールストレートクチコミ体験談はこちら

縮毛矯正をかけても真っ直ぐすぎてお悩みの方はとても多いようです。
◎前髪を自然に流したい
◎毎朝、前髪をしっかりブローorアイロンしないといけない
◎くせ毛は気になるけどツンツンぺったんこは嫌だ
◎縮毛矯正後は毎日カーラーかコテでふんわりしないといけない


上記でお悩みの方に前髪カールストレートパーマをご紹介します。

before

after

before

after

before

after

before

after

広がりやすく朝時間をかけてスタイリングしてもすぐくずれてしまう髪も、
適度なボリューム感のあるやわらかい自然な仕上がりに!

カールストレートパーマとは
保湿成分配合の薬剤とカールペーパーを使い、
アイロン操作で自然なやわらかいカールをつける
ストレートパーマです。

カールストレートパーマ(自然に仕上がる縮毛矯正)のプロセス

まずはじっくりカウンセリング
日頃のお手入れの仕方やくせ毛の悩みなどをうかがいます。現在のヘアスタイルや髪質の状況に合わせて薬剤を設定し、かける部分などをスタイリストと相談します。

お客様 before
全体的に収まりが悪くツヤがない感じです。この日は天気が良く湿度が低かったのでまだいつもよりクセが出てない方です。今回は全体カールストレートをかけていきましょう!

後頭部 before
後ろをめくると根本から中間にかけてうねりがあります。これが実はものすごく厄介。後ろで見えないから気にしない方も多いはず。でもここを直してあげないと全体的に綺麗なツヤ髪にはなれません。

前髪 before
皆さんが一番気になるのがこの前髪のクセ。ただまっすぐぺったんこはもう古いですよね?しっかり柔らかく丸みのあるカールストレートに直しましょう!

カールストレート剤を塗布
柔軟性・保湿性が高いカールストレート剤を使用し柔らかくナチュラルな仕上がりにします。

カールペーパー
1剤を浸透させながらサーマルペーパーでアールをつけていくことにより、従来の縮毛矯正のようなツンツンしないふんわりした質感や毛流れが出せます。

薬剤浸透度テスト
必要最低限の浸透に抑えてダメージを最低限にします。適切な判断力とたくさんの経験が必要になります。

カールをつけながらアイロン
円を描くようにアイロンする事で、自然なアールのついたストレートパーマになります。アイロン操作によりふんわりしたい部分やボリュームを抑えたい部分を調節します。

アイロン後(全体)
このままでも艶があり自然なストレートですがここから毛先にアールをつけていきます。

ロッド
定着剤をつける前にロッドを巻きます。そうすることにより、より自然なカールストレートになります。 (デザイン・髪質などにより巻かない場合もあります)

前髪 after
ストレートパーマをかけている事がわからないくらい自然に仕上がりました。

after
これで雨の日も心配しないで外出できますね。ヘアスタイルの幅を増やしてスタイリングの手軽さを楽しんでください。

メニュー&プライス

*ストレートパーマのみのお客様は別途シャンプー&ブロー料金(4,000円)が必要になります。
*価格はすべて税抜き価格です。

カールストレートパーマFAQ(自然に仕上がる縮毛矯正)

Qどれぐらいもちますか?
A一度かけた部分が元に戻ることはありません(もちは縮毛矯正と同じです)。新しく、くせ毛が伸びてきた根元部分にかけていきます。
Qカールストレートパーマは今までの縮毛矯正より傷みますか?
A薬剤を使用するので、全くダメージが無いわけではありません。 なるべく傷みが少なくなるように髪質やダメージにあわせて薬剤を設定したりトリートメント処理を行っていきます。
Qカウンセリングは行っていただけますか?
Aメランジでは、全ての施術に関してお客様が十二分に納得して頂けるようにカウンセリングさせて頂きます。
Qどのくらいのペースでかけるものですか?
A根元の伸びた部分、たとえば前髪ですと約1.5~2.5ヶ月の期間でかけ直すことをオススメします。
Q縮毛矯正のようにペタン・シャキーンとした前髪になりませんか?
A時代の主流はナチュラルなストレートです。当店では、薬剤・放置時間・アイロン操作により、ナチュラルなストレートパーマを実現しています。
Qカラーリングと同日にかけることは可能ですか?
Aハイダメージのお客様(ブリーチ毛・強いパーマをかけた髪など)を除きまして影響はみられません。同日でも可能です。
Q施術したその日はシャンプーが出来ないのですか?
A何度も集中的に行わなければ大丈夫です。ただ、寝る前などはドライヤーにて完全に乾かして頂かないと、ダメージやクセのつく原因となります。